故きを温ねて新しきを知る、以って師と為るべし。 孔子

私の好きな言葉です。
京都は千年の都といわれるように、過去には首都としての隆盛を誇り、そしてその歴史、伝統、文化を現代に継承しています。
私たちの世代も、この歴史、伝統、文化から学び、それを受け継いで
いかなければなりません。

過去を否定することなく受入れ、次の世代に継承する。
ただし、過去や歴史、文化から学ぶが、「縛られる」わけではなく、
柔軟な発想を持って、新しい未来を創り出す。

これからの「次代」を創造し、未来の京都のために。
わたしは、生まれ育った愛する京都のこれまでと、
これからを紡いでいくために、人生を賭けて行動いたします。

・議員定数の削減をはじめとした議会改革の更なる推進
・起債を年間10%カットを行い、10年間で 起債ゼロ都市の実現
・事業仕分けをはじめ行財政改革を最優先課題として実行
・子育て支援や住環境向上により特殊出生率のV字回復
・労働市場の拡大と京都経済の復活 
・日本一の学力都市の実現
・京都文化首都運動の実施
・海外観光客一千万人構想の実現
・リニア中央新幹線の誘致活動
・関空-京都間15分リニア構想の起草

上へ戻る