左京区は議員定数削減対象となりますが、あえて複数擁立に挑戦し、
常に背水の陣で臨みます。
彼は学生時代から将来必ず左京区で出馬すると私に挨拶に来てくれました。
社会経験を積み、学生時代よりさらに成長した彼とともに、
京都市政の改革を進めていきます。
京都党左京区2人目の候補として、ひきただいをお願い申し上げます。

学生時代に同じNPOで活動していました。
当時から京都のために働きたいという熱い想いを聞いたり、
また、政治について、日本について熱く語りあったりしていました。
私が政治の世界に挑戦した約3年前にも名古屋からわざわざ大阪の枚方市まで
応援に駆けつけてくれました。
地域は違えど同じ世界に熱い志を持った同志が増えることは非常に嬉しいです。
ともに頑張ろう!

大学生の頃、同じNPO法人で活動を共にし、一緒に政治を志した同志。
学生時代からずっと京都市の将来ために貢献できる人材になるためにキャリアを
積んできた疋田君の想いをカタチにして下さい!
心から応援しています!

学生時代、ゼミにて地域経済の担い手である中小企業の成長に向けた
理論・実証研究に取り組み、熱い思いで地域活性化を語っていました。
今、その思いを地元に戻って実現したいとのことから新たな一歩を
踏み出そうとしています。
ゼミ担当教員として、この一歩を真摯に踏み出し、社会にとっての確かな成果に
繋げる活躍をしていってくれることを願っています。

上へ戻る